株式会社ソフィス

株式会社ソフィス - ソフトウェアの設計・教育・実装

本当に必要なものは何ですか?
本当に必要としているものは、当人にもよく分からないのかもしれません。
「株式会社ソフィス」は本当に必要なものを一緒に見つけ、
本当に必要なものを創る「ソフトウェア設計事務所」です。
               
       

プログラマーの朝礼

3月の理(ことわり) 【 蒔かぬ種は生えぬ 】

株式会社 ソフィス (2022年3月8日 14:39)

かぬ たねえぬ
We must sow before we can reap.
何もしなければ、よい結果は得られない

 このことわざも「浄土宝暦」で目にしたもので、わたしの大好きな理(ことわり)の1つです。

 百姓家(ひゃくしょうや:農業を営んでいる家)では3月から田んぼの準備が始まります。春に種を蒔かないと、秋に収穫はできません。念じているだけでは「だめ」です。何かをしなければ、何も得ることはできません。当たり前のことですが、なかなか実行に難く、そのようなときは、この理を念仏のように唱えています。

 弊社での企画開発については、これまでに何度も失敗を重ねてきました、その度に今度こそはと思ってきましたが、成功とは程遠い結果となっています。それでも、プログラマーを生業としている間は、この理を信じて種を蒔き続けようと思っています。

 昨年、私は還暦を迎えました。今年も良き種を蒔きます!今回の種はずっと以前から想を練っていたもので、いつかは作りたかったものです。たまたま色々な状況と経緯があって、始動の機会に恵まれました。仕事の合間に数年計画で取り組むつもりです。良き収穫を秘して期待しつつ。。。

 さて、昨年の4月から「今月の理(ことわり)」を初めて1年が経過しました。この投稿で、このシリーズは終わりにしたいと思います。来月からは、不定期になりますが、思いつくまま、プログラマー目線の人文科学的な投稿を続けていきたいと思います。御用とお急ぎでない方はお付き合いください。

2月の理(ことわり) 【 歳寒(さいかん)の松柏(しょうはく) 】

株式会社 ソフィス (2022年2月1日 10:13)

歳寒さいかん松柏しょうはく

極寒に耐える松(まつ)や柏(かしわ)のように、逆境に置かれても、
思想・信条を変えない人の喩え。

 我が家の庭には「五葉の松」があります。祖母の話によると、祖母(生存していれば今年113歳)が嫁いで来た時には既にあったそうですから、樹齢は百年を超えると思われます。私は、この「五葉の松」の冬姿を見るたびに「孤高」の気高さ、そして美しさを感じます。

 今月の理(ことわり)はこの「孤高の松」にぴったりの言葉を選びました。 この言葉は、「論語」からの出典で、

「後彫(こうちょう)の節(せつ)」

としても知られています。

原文は、

「歳(とし)寒くして、然る後に松柏(しょうはく)の彫(しぼ)むに後(おく)るるを知るなり」

です。

「彫」とは、萎(な)えると言う意味、即ち、「後凋」とは後で萎える(または萎えない)と言う意味です。松や柏は、冬になっても、普通の草木と違い、頑(かたく)なに葉を落とす事なく、凛とした姿をしていて萎える事がありません。この事を擬人化して、どんな逆境に置かれても節操が堅く、屈しない人の喩えとして用いられます。

 この名文を思い出したきっかけは、浄土宗カレンダーの2月の標語が、

「這(は)い上がる時に、何かが深まる」

だったからです。人間だれしも逆境はいやですよね。ましてや「這(は)い上がる」なんてもっといやですよね。苦しいに決まってますから。しかし、誰しも這い上がった時の達成感や充実感は経験があるはずです。できる事なら、逆境に陥りたくない。でも、仮にそうなったら・・・。逆境に置かれて、初めて自分の真価が問われるのだと思い、松(まつ)や柏(かしわ)のように「後彫の節」でガンバルしかないのです。いつかはきっと春が来る事を信じて。

 ・・・と、記事をここで終わる予定でしたが、1つ疑問があります。柏(かしわ)は、落葉樹ですよね。なぜ?冬に萎えないのでしょうか?調べたところ、論語の書かれた時代、中国では、「柏」といえば檜(ひのき)に似た常緑樹のことを指していたそうです。具体的にどんな植物だったのかは調べても分かりませんでした。知っている方はご一報下さい。

1月の理(ことわり) 【 たった一歩、されど一歩 】

株式会社 ソフィス (2022年1月6日 10:29)

たった一歩いっぽ、されど一歩いっぽ
Even the smallest of steps makes progress.

 新年明けましておめでとうございます。今年の初詣は近くの養父神社へ参拝してきました。早くコロナ禍が明け、普通の生活が出来るようになれば良いですね。

 表題の理は、浄土宗カレンダーからの出典です。そのままの意味ですが、少しだけソフトウェア開発的講釈をして見ます。今年もコロナ禍です。このような状況ではなかなか思うように営業も出来ませんが、あれこれ考えず、とにかく思った方向へ、一歩前へ進んで見ようと思います。一歩進むだけで見えて来る事があります。年の初めの第一歩。恐れず、慌てず、そして確実に。

 数値計算の鉄則にこんなのがあります:

  • 「たった一回だけの計算なんて」

確か、伊理正夫先生の言葉だったと思います(出典は「数値計算の常識」だったかな)。たった一回だけの計算では、結果の正しさについてほとんど何も分からないという意味です。計算方法を変えて2回以上計算する事の重要性を説いた言葉です。数値計算には、実験的な側面があり、必ず他の方法を用いて「裏」を取る必要があるのです。

 目標に向かって一歩踏み出す事は、次の方向を探る上で大変重要です(数値計算的には極値探索と同じ理屈ですね)。走っている最中は、「一歩の積み重ねが目標を達成する」と言う事実を見失いがちです。今年の第一歩を踏み出す前に、「たった一歩」の重要性を再認識して置きましょう。

12月の理(ことわり) 【 深い川は 静かに流れる 】

株式会社 ソフィス (2021年12月2日 12:37)

ふかいかわしずかにながれる
Deep river runs still.

 今年も後僅かです。4月から始めた「今月の理(ことわり)」ですが、なんとか(しばしば遅れ気味ですが)12月まで来ました。どうにか来年3月までは続きそうです。

 さて、表題のことわざ「深い川は 静かに流れる」ですが、これは、思慮のある人は落ち着いて行動するということの喩えに使われます。自己の信念・信条・計画に従い行動している人は、多少の事に動揺しません。しかし、日々の出来事に一喜一憂してしまう凡夫は私だけではないはずです。

 弊社は今月が決算月です。一年を振り返り、最終的にどんな決算書を作るか、儲かってたら儲かってたなりに、損してたら損してたなりに、あたふたしてしまいます。商売をやっているので損得は大切なのですが、一過性の損得に一喜一憂してしまうのは愚かな事です。なぜなら、目の前の小さな得(とく)を得るために、将来の大きな得(とく)を逃しているかもしれないからです。

 開業して16回目の正月を迎えようとしています。当時の中期事業計画書は古くなり、既に色あせています。来年は早々に新たな計画書を策定せねばなりません。「遠き思い」がないと、なかなか「深い川」にはなりません。昨今、コロナ禍と騒がれていますが、こんな時にこそ、「深い流れ」でいたいものです。

11月の理(ことわり) 【鮟鱇(アンコウ)の待ち食い】

株式会社 ソフィス (2021年11月1日 9:33)

鮟鱇あんこう
働きもせずに儲ける事の喩え。

 十一月は霜月。木枯らしが吹くと鍋の季節の始まりです。地元但馬では、11月になると松葉がにも解禁になり、「かにすき」シーズンの到来です。(ちなみに、但馬の松葉がにを自宅で味わうなら、おけしょう鮮魚のカニすきセットがおススメです)

 鍋にもいろいろあります。「丹後の間人(たいざ)や浜坂の居組(いぐみ)のかにすき」「但馬牛のしゃぶしゃぶ」「丹波笹山のぼたんなべ」「伊勢のあわびのしゃぶしゃぶ」などちょっとリッチな鍋もいいですが、家庭で食べる鍋も食材次第ではリーズナブルで大変美味です。「鮟鱇(あんこう)なべ」もその1つ。

 鮟鱇(あんこう)に纏(まつ)わる諺は、表題の「鮟鱇の待ち食い」とか、「鮟鱇武者(あんこうむしゃ)」など、あまり印象の良いものがありません。「鮟鱇の待ち食い」ですが、鮟鱇(あんこう)は、海底で餌の小魚が目の前に来るのをじっと待って、その大きな口でパクリと食べます。その様子から、働きもせずに儲ける事の喩えにされます。また、「鮟鱇武者」とは、口では強そうなことをいうが、内心は臆病で卑怯な武士のことを言います。どちらも、鮟鱇にとっては、外見だけで判断され、迷惑な話です。

 11月は、一年で最後の小の月です。子供の頃に「西向く侍」と教えられたものですが、今の子供達もこうして教えられているのでしょうか? 子供心に、「二(に)、四(し)、六(む)、九(く)、士(さむらい)」のどうして、11月が侍(さむらい)なのか疑問に思ったものでした。後になってから、十一と書いて、士(さむらい)になる事を知って、納得したものです。「鮟鱇武者」にしろ、「西向く侍」にしろ、11月は侍(さむらい)の月なのかもしれません。

 私の愚息が、その昔、保育園の先生に「大きくなったら何になりたい」と聞かれて、「サムライになりたい」と答えたそうです。その話を聞いて、私は思わず「偉い!!」と息子に言いました。彼も十一月生まれです。どんなサムライになるのか、今でも楽しみです。

サイト内検索
y2sunlight
y2sunlight.com
技 術 情 報 サ イ ト
fire-sunlight
火の巻
Windowsで作る自然言語処理環境(近日公開予定)
Ground、Water、Fire Sunlightの各WebサイトはDokuWikiにより作成されています。Driven by DokuWiki